Philips Hue と Google Assistant の設定

Philips Hue スマート ライトを Google Assistant に連携すれば、音声だけで自宅の照明をコントロールできます。Philips Hue と Google Assistant を連携させる方法は、Hue Bridge を使用しているか、Bluetooth を使用して照明をコントロールしているかに応じて 2 つあります。 

Google Assistant を使用して Philips Hue を設定する方法 (Hue Bridge)

  • Hue Bridge とスマート ライトが正しく設定されていること、Philips Hue アプリで Hue アカウントが作成されていることを確認してください。
  • Google Home アプリを開きます。
  • 左上隅にある + アイコンをタップします。
  • [デバイスの設定] をタップします。
  • [Google と連携可能] をタップします。
  • 次の画面で、リストから「Philips Hue」を選択します。スクロールして見つけるか、画面上部の検索バーに「Philips Hue」と入力してください。
  • Philips Hue アカウントのページにリダイレクトされます。[はい] をタップして、Google Home アプリに Hue ライトをコントロールする権限を付与します。アプリは Philips Hue を Google Assistant にリンクします。
  • 戻る矢印アイコンをタップして、Google Home アプリのメイン画面に戻ります。すべての Philips Hue ライトと部屋が一覧表示されます。
Philips Hue スマート ライト
Philips Hue Bridge
Philips Hue アカウント
モバイル デバイス
Google Home アプリ
Google Assistant 対応デバイス

Google Home アプリ (Bluetooth) で Philips Hue をシームレスにセットアップする方法

  • Google Home アプリを開きます
  • 左上隅にある + アイコンをタップします。
  • [デバイスの設定] をタップします。
  • [新しいデバイス] で、[自宅に新規デバイスを設定する] をタップします。
  • 照明を設定する家を選択します。
  • アプリが照明を検出したら、それをタップして選択します。
  • 部屋の選択
  • 照明に名前を付けてください。(注: 「デスクライト」など、一意の名前を使用すると、思い出しやすくなります。)
  • セットアップが完了するのを待ちます。準備ができるとライトが点滅します。
  • ライトが家アプリに表示され、Google Assistant でコントロールできるようになります。

必要なもの

Philips Hue の Bluetooth 対応のスマート ライト
モバイル デバイス
Google Home アプリ
Google Assistant 対応のスピーカーまたはディスプレイ

Google で音声を使用して Philips Hue ライトをコントロールする

これですべての設定が完了しました。Philips Hue ライトと Google を使用して家の照明をつけましょう。「OK、Google」の後に、以下のコマンドの 1 つを言ってください。

「全部のライトをオンにして」

このコマンドを使用すると、家中のすべての照明をオンにすることができます。これは、1 日の始まりに最適です。

「照明を暗く」

このコマンドを使用すると、ライトが暗くなり、ソファで夜を過ごすのに居心地の良い雰囲気になります。

「リビングルームをブルーにして」

このコマンドを使用すると、好きな色を使用して、どのような場面でもすぐに最適なムードにすることができます。

*照明シーンとレシピの音声コマンドは、Hue Bridge 制御の Philips Hue スマート照明設定でのみ使用できます。

** Google、Google Home、Google Nest Mini は、Google LLC の商標です。